自分の健康を自分で守るために

毎朝の着替えの際に

毎朝、寝間着から衣類に着替える際にも乳がんセルフチェックはできます。これまで乳がんなんて考えたこともない、チェックなんてしたこともないという方でも、簡単に始められるのがこのチェック法です。
まずは毎朝、ご自身の身体を見てみましょう。とくに着替えの際などに、少し時間を活用し、すぐに服を着るのではなく、ご自身の身体を上から見る。また座って乳房を見下ろしてみるのです。左右どちらも見るのがおすすめ。片方ずつ腕を上げる等、動かしながら鏡を使って見るというのも良いでしょう。毎朝、ちょっとの時間でも見ていることで、違和感に気付くことができます。例えば左右の張りがいつもと少し違うなど、毎日見ることでちょっとした違いを発見しやすくなります。

入浴時のセルフチェック法

朝の着替えの際だけでなく、入浴時もセルフチェックするのに最適な時間です。とくにお風呂に入ると、体が温まるため皮膚の色や身体の張りなどの違いも見ることができます。
お風呂に入る際には、とくに鏡を見ることでもチェックするのにオススメです。乳房だけでなく乳輪の色なども見て確認しましょう。
乳がんは乳房のどこに生じるか分かりません。例えば乳腺に腫瘍が生じるという場合もあれば乳輪に生じるという場合も起こりうるものです。どこに生じるか分からないからこそ、日頃からご自身の乳房や乳輪の色、形を把握しておくことが大切です。見て理解しておくことで、少しの違和感にも気づくチャンスが生じます。
医療機関などでの検診よりも、まずはこうした見て把握しておくことが有効なのです。


この記事をシェアする