17年05月17日 | | 信用情報も大切 はコメントを受け付けていません。

携帯電話をお持ちの方やカードローンを利用する、もしくは利用していた方の場合には、信用情報というものが付きまとっています。この信用情報というのは過去にどんな会社でお金を借りて、どんな返済状況なのかを確認するために使われます。カードローン会社に融資の申し込みをすると信用情報が照会され、過去にトラブルがないか、どのような利用があったのかを全て確認されているのです。

そのため過去の遅延情報や自己破産をしたといった金融事故の記載があると、その時点で融資が受けられないというケースもあります。あくまでもカードローンやクレジットカードを利用した上で、このような信用情報が登録されていると思っている人もいるようです。しかし実際のところ、携帯電話の割賦購入でも信用情報が登録されていますので、携帯電話料金を支払わず踏み倒してしまった方や、遅延が何度も続いているような方は、信用情報が悪いので融資を受けることはできません。このように信用情報はとても大切な存在ですから、できる限りこのような情報にトラブル、事故が記載されないような生活をしなければなりません。

カードの申し込みをして何度も断られてしまう方は、信用情報に傷がついている可能性があるのでご自身で照会してみるのも一つの手段になります。その上で過去の未納などがあれば、こういった問題をまずは解決することから始めていきましょう。

17年05月16日 | | 特に重視されるもの はコメントを受け付けていません。

カードの審査をする際に特に重視されるポイントは、どんな事かを知っておくとよいです。まず第1に、カードローンというのは信用情報が大切になってくるので、過去に他社で借り入れを行い返済していないといった状況では、新たに借り入れをすることはできません。またこの他にも、今現在どれだけ他社での借り入れがあるのかについても重視されます。現在では総量規制といった決まりがありますので、年収の3分の1を超えて、カードローンを利用することはできません。さらに、収入形態なども重視されるポイントとなり安定した収入がなければ融資を受けることは不可能になります。

自営業の方などは収入が安定していると判断されず、審査には通らないケースもあります。一方で正社員として働いているかたや、生活保護を受けている方などは安定した収入があるとみなされます。さらには、現在の会社でどれだけの期間勤務しているのかについても重視されます。長ければ長いほど信用が大きくなり、短期間しか働いていない場合には転職を繰り返す理由にお金のトラブルがあるのでは?といった疑いを持たれてしまうのです。カードローン会社で審査を行うスタッフは申込者本人を知っているわけではありませんので、少しでもリスクの高い方にはお金を貸しません。重視されるポイントをしっかりと熟知した上で審査に通る条件を整えましょう。

17年05月12日 | | 属性 はコメントを受け付けていません。

カードの審査に必要な属性についてご存知でしょうか?この属性というのは、申し込むご本人の状態を表すものとなっています。主な属性として審査に必要なのは勤続年数、勤務形態、持ち家か賃貸かといった居住状況。過去の利用状況、年収、携帯の支払い状況、家族構成、所有している電話の種類、健康保険の種類などになってくるのです。このような属性がなぜ必要なのかというと、安定した収入があるのかを確かめるためとなっています。

また安定した収入の中でどれだけの支払いをしているのかを、一つの目安にすることも目的となっています。例えば、どんなにたくさんの年収を得ている方であっても他社借入状況が多ければ、返済でその分手持ちのお金が少なくなります。その状態で新しくカードローンで融資を受けても返済できないかもしれないといった懸念が生まれるわけです。それぞれの属性を照らし合わせながら融資の有無を決めていますので、自分がどの程度の属性を持っているのか、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。

もちろん他社借り入れが一切なく、さらには安定した収入のある方のほうがキャッシングの審査には有利になります。また賃貸よりも持ち家の方が信用が高くなりさらに、雇用形態としても正社員や公務員の方は属性が高くなります。

17年05月10日 | | カードローン審査項目は細かい はコメントを受け付けていません。

カードローンを利用する際には、必ず審査が行われています。この審査を行わず、お金を貸してくれるという会社には気をつけてください。基本的には信用情報機関に登録されている情報を参考にして、審査が行われることになっています。このような審査項目については会社によって違いがありますが、基本的にとても細かいものだと思っていた方が良いでしょう。それぞれの属性というものが決まっており、この属性がどれだけ高いのかで融資の有無が変わってくるのです。

中でも特に重視されているものは何なのか、信用情報というのはどんなものなのかを把握した上で申し込みをしましょう。カードローン審査は誰しもが必ず通過できるものではありません。また通過することができなかったからといって、生涯お金が借りられないというわけでもありません。属性を変えていくことや、違う会社に申し込みをすることで、融資が受けられるケースもあります。審査項目は非常に細かいのですが、勤務状況や現在の住まいの状況、さらには家族構成、他社借入状況等が必要になります。

銀行等でカードローンを申し込む際にはさらに審査項目も細かくなるので、収入を証明することができる書類を求められることもあります。身分証明書類として運転免許証やパスポートなどが必要ですが、ここでは写真が記載されているものを準備しましょう。写真の記載がない保険証や住民票などの場合、他の書類も同時に提出を求められることがあります。近年ではコンピュータがスピーディに審査をしてくれる会社も増えましたが、上記のように属性がひとつひとつ点数になっており、そのスコアによって結果が瞬時にわかるようになっています。